本日の記事内容


今回は京都芝3200mで行われますG1:天皇賞(春)の予想について書いていきます。

  • 天皇賞(春)の予想印

以上の内容でお伝え致します。


スポンサーリンク

《公式》極ウマ・プレミアム
私の愛読紙日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト人気のコンピ指数がレース前夜に読める! 

天皇賞(春)の予想印


[画像:9c804438-s.jpg]

おはようございます。天皇賞(春)の予想記事です。

実は昨晩から書きかけていてようやく完成して投稿したのですが、その際にまさかの全消去!バックアップもされておらず再度書き直しをしております。なんかアプリの調子が良くないようです。


さて本題ですが、こちらは事前分析記事も書いておりますのでよろしければ参考にしてください。
↓↓↓


(クリックして頂くとランキングの説明欄で馬名が見れます)
○サトノクロニクル
▲トーセンバジル
(クリックして頂くとランキングの説明欄で馬名が見れます)
△レインボーライン
△ガンコ
△チェスナットコート
△アルバート

昨日の青葉賞は事前分析記事で注目馬としたエタリオウを▲にしたところしっかり2着に走ってくれたのですが、本命にできずブレてしまいました。ブレずに本命にできていれば、馬連、三連複ともに万馬券的中できたのですが…。ということもあり天皇賞(春)は事前分析からブレずにいきたいと思います。

本命は です。

人気馬ではありますが、事前分析で書いた通り、この馬が抜けていて格が違うなと。大阪杯がG1になったことで、中距離適性を持っている馬たちが天皇賞(春)には出てこなくなりました。その結果、ステイヤー色濃いメンバーが揃っています。その中でも現在の高速京都で素軽い末脚も使えるステイヤーはこの馬だと思います。ここ狙いというのは明白ですし、人気でも本命でいいと判断しました。

その代わり○▲☆は穴っぽいところから。

○サトノクロニクルは仕掛けどころの機動力に課題は残るものの、中距離でも結果を残しているようにスムーズなら末脚も発揮できます。できれば3コーナー下り坂で勢いをつけて直線に入って欲しい。京都実績も悪くない。

▲トーセンバジルは正直もっと内枠が欲しかった。最近は先行できる脚質も身に付けてきたので、ここは注目です。またG1ではしっかり仕上げてくる厩舎とG1では別の集中力を見せる鞍上のコンビに期待します。

はかなり穴狙い。

内枠を引いたことでかなり怖い存在になりました。舞台適性は過去の実績通りですし、鞍上も大舞台では一発狙ってくる騎手です。常識的に考えれば苦しいですが、一発あっても不思議ではないかなと思います。

以下、△レインボーラインは阪神大賞典は強かったが、前がバテるタフな展開でこそ。△ガンコもしぶとい馬だが、切れる末脚があればというところ。△チェスナットコートは内枠引いて、長距離得意な蛯名騎手が昨日も重賞を制してかなりの穴人気をしている印象。日経賞はキセキが捲った展開にうまく嵌まった印象があるので抑えまでとする。△アルバートも能力落ちていないという前提なら抑えておく必要がある。

【購入予定馬券】

  • 馬連 :◎~○▲☆  (3通り)
  • 三連複:◎~○▲☆~印(18通り)
厚い印への馬連と三連複で勝負します。あまり捻らずにいきたいと思います。○▲☆が穴馬ですからそこそこの配当にはなります。

以上、天皇賞(春)の予想でした。


スポンサーリンク


※最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくとこのブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。

にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ