本日の記事内容


今回は東京芝1600mで行われましたG1:ヴィクトリアマイルの回顧について書いていきます。
  • ヴィクトリアマイルの予想おさらい
  • 購入馬券の内容と結果
  • ヴィクトリアマイルのレース分析
  • 出走各馬の個別分析
以上の内容でお伝え致します。


スポンサーリンク

《公式》極ウマ・プレミアム
私も愛読している日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト人気のコンピ指数がレース前夜に読める! 
 

ヴィクトリアマイルの予想おさらいと馬券結果


Screenshot_2018-05-14-08-01-43

今回はヴィクトリアマイルの回顧です。

【ヴィクトリアマイルの予想おさらい】

ヴィクトリアマイルの予想記事はコチラです。

戦前からただでさえ難解だなぁと悩んでいたところに(前日ではなく)当日からの雨で馬場状態も読めず、更に悩んだヴィクトリアマイルでした。

【購入馬券と結果】

購入馬券の内容
  • ワイド:◎~○▲☆  (3通り)
  • 三連複:◎~○▲☆~印(15通り)
  • 馬連 :◎~印    (7通り)
悩みに悩んだので紐抜けもあるだろうとの予想からワイドを本線としました。印で決まれば三連複も的中、更に◎が2着に入れば上乗せというイメージでした。

レース結果

 1着:ジュールポレール(無・8人気)
 2着:リスグラシュー (▲・1人気)
 3着:レッドアヴァンセ(△・7人気)


何より悔しいのが、△レッドアヴァンセを週中に注目馬としてランキングに挙げていたのに厚い印に出来なかったことですね。いまいち噛み合ってませんでした。


スポンサーリンク

ヴィクトリアマイルのレース分析


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

続いてはレース分析です。

【ラップタイム】

Screenshot_2018-05-13-22-31-21

前半:46.8 後半:45.5 スローペース

スローでしたね。もう少し流れるかなと思いましたが、案外でした。カワキタエンカはしっかり溜めたいタイプですし、短距離系の馬たちも距離不安と馬場のことがあったでしょうか。後半末脚での勝負となったように東京のマイルらしい闘いになったと思います。


出走各馬の個別分析


ここからは各馬個別の見解を述べていきます。

1着:ジュールポレール(無印)

重賞初制覇がG1制覇となりました。昨年も3着と好走している通りリピーターが強いという傾向がそのまま当てはまりました。

レース振りはほぼ完璧だったんじゃないでしょうか。スタートしてから幸騎手も動きやすい外へ徐々に誘導して、且つ内枠だったので外過ぎない好位を取れました。
IMG_20180514_200251
4コーナーでは外に出せばいつでも仕掛けることができる位置に付けています。結果的にはリスグラシューに対してポジション差を作ることに成功していましたし、前も捕らえられる位置取りだったということです。仕掛けも我慢したことにより、末脚もなんとか最後まで維持することができました。

2着:リスグラシュー(▲)

改めてハーツクライ産駒の1番人気の難しさも感じました。結果的には外枠が最後のハナ差分効いてしまった感じです。
IMG_20180514_200353
3コーナーに入るところでこの位置取り。勝ったジュールポレールからは2列後ろということで、最速上がりを使っても届かずの結果でした。

これでG1の2着が4回目です。素質は高い馬なのですが、勝ち切れなさが定着してしまったような感じです。

3着:レッドアヴァンセ(△)

こちらも血の成せる技でした。先週のNHKマイルカップに引き続きエリモピクシー産駒が東京マイルG1で3着とはクラレント含め科学では証明できない何かがありそうです。

レースの方は北村友騎手がアエロリットを目標にしたかなという競馬で、
IMG_20180514_200802
この時点ではアエロリットを捕らえて勝ちも見えたかなという瞬間でした。ただ最終的には仕掛けが若干早かったかなと。仕掛けを我慢したジュールポレールと最後まで衰えない末脚を見せたリスグラシューには差されてしまいました。

4着:アエロリット(○)

単純な末脚勝負になると苦しいですね。
IMG_20180514_200603
戸崎騎手も早めに仕掛けて勝負にいきましたが、末脚スピードの絶対値で負けた印象です。

個人的には早めに仕掛けるよりも道中から前を突いていって欲しかったですね。アエロリットはペースが流れた中でもう一脚使える馬だと思っているので。自らレースを作るタイプの騎手ではないですから、多くは望めませんが。

5着:ミスパンテール(△)

Screenshot_2018-05-14-07-59-07
スタートで僅か半馬身ですが、出遅れました。この半歩でポジション取りが悪くなってしまいました。内枠なのでなおさらです。にも関わらず掲示板まで来れたのはこの馬の実力が付いてきている証拠でしょう。勿体無かったです。

6着:レッツゴードンキ(☆)

道中かかっていましたね。やはり精神的にはマイルは厳しくなっていっているのでしょう。スローではなくある程度流れることを想定していたので、この結果も致し方ないと思います。

10着:レーヌミノル(◎)

IMG_20180514_200712
この瞬間はやったと思ったんですがね。ほんの一瞬でした。その通りでこの馬は一瞬の脚は使えるものの今回のように持続して末脚を使えません。アエロリットと同じく前半流れた中での一脚に魅力がある馬なので、今回の展開を読めなかった以上、予想的には完敗です。


以上、ヴィクトリアマイルの回顧でした。

スポンサーリンク

※最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくとこのブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。勿論無料です。

にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ

PR


①東証一部:GMOインターネット株式会社
②【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に
③大川慶次郎の帯封情報/パーフェクトへの無料入口