本日の記事内容


今回は東京芝2400mで行われますG1:オークスの事前分析について書いていきます。
  • オークスの過去の人気傾向
  • オークスの過去の展開傾向
  • オークスの出走予定馬の個別分析
  • まとめ
以上の内容でお伝え致します。

詳細に入る前にオークスの注目馬をランキングに挙げておきます。
↓↓↓
 
(クリック願います。ブログ説明文の欄に馬名記載しています)
強い差し追込馬に勝つには先行策しかないと思います。ハープスターの時のヌーヴォレコルトのイメージで競馬が進められれば。

スポンサーリンク

《公式》極ウマ・プレミアム
私の愛読紙日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト人気のコンピ指数がレース前夜に読める! 


オークスの過去の傾向


ダウンロード (37)

今週はオークス(優駿牝馬)ですね。かなり強い馬が1頭いますが、果たして盤石なのか、それとも付け入る隙があるのか有力馬をしっかり分析していきます。

【人気馬の成績】(過去10年)

過去10年の人気馬の成績です。
  • 1番人気:(4-2-1-3)
  • 2番人気:(1-3-2-4)
  • 3番人気:(2-0-1-7)
  • 4番人気:(1-0-1-8)
  • 5番人気:(1-1-2-6)

5番人気以内で勝ち馬は9頭出しています。人気薄での勝利はメイショウマンボのみ。また連対馬は20頭中15頭。更に複勝圏内は30頭中22頭となっています。

勝ち馬を人気薄から選ぶのは得策ではないですね。無難に人気からが良いと思います。馬券に絡んでいる穴馬は、
  • 2走以内に重賞連対
  • 桜花賞の好走をフロック視された
  • 重賞勝利後、桜花賞で惨敗
過去5年で調べるとこんな感じです。

【展開面】(個人的所感も入ります)

どうしても牝馬には過酷な距離になりますよね。この距離を経験しているのはサトノワレルキューレくらいしかいません。そのサトノワルキューレも後方で待機する馬ですので、皆が折り合いに専念しながらになると思います。しかもアーモンドアイも後方からの馬。牽制してスローになることは濃厚かと予想します。先行して折り合いがつき、末脚を繰り出せる立ち回り型の馬には注目です。ただ馬場状態は先週を見る限りは差し傾向にありますので、これは頭にいれておきたいです。

スポンサーリンク

オークス出走予定馬の個別分析


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

それでは上記を踏まえて想定人気順に各馬の見解を書いていきます。

アーモンドアイ(ルメール)

桜花賞は本当に強かったの一言です。決して差し馬に有利な展開ではありませんでしたが、後方からほぼ全頭をブッコ抜いた訳ですからね。末脚の破壊力は抜群です。しかもノーステッキ(のように見えた)ですから、まだ底を見せていない状況です。

距離は未経験ですが、能力の差から問題はないと思います。あとは脚質面で後ろから行く馬なので、この部分で取りこぼしがないかというところだけです。圧倒的な1番人気が予想されますが、桜花賞でも能力が完全に抜けていることが証明されましたのであまり無謀な馬券は買えないかと。

ラッキーライラック(石橋脩)

桜花賞では石橋脩騎手は完璧な騎乗をしたと思います。落ち度はなかったです。なので相手が強かったと思うしかありません。

スタートも速かったし、折り合いも問題ありませんでしたから、この部分を生かした戦略をオークスでは実践してほしいです。出来れば内枠でロスのない競馬が理想。立ち回りの差でアーモンドアイを逆転できるか。

サトノワルキューレ(デムーロ)

他の馬にはないアドバンテージは2400mを経験していることですね。しかも2戦も(唯一のと書きたかったのですが、シスターフラッグも梅花賞を走っているので書けませんでした)。

フローラSは前が有利なスローペースを最後方から差し切るという豪快な勝ち方でした。実際に2着、3着は前に行った馬たちですから、価値のある勝利だと思います。そしてかなり長く良い脚を使っています。アーモンドアイが脚の回転数で差してくるのに対して、この馬はストライドの長さで勝負してくるというのも対照的で面白いです。

あとは桜花賞組との比較ですね。ここが一番頭を悩ませるポイントです。

リリーノーブル(川田)

桜花賞では本命にしましたが、残念ながらアーモンドアイとラッキーライラックとは勝負付けが済んでしまったと判断せざるを得ません。桜花賞回顧でも前半出していったらかかっていただろうとの私見ですし、距離が伸びるのは良くないと判断します。3着候補ならという感じでしょうか。

オールフォーラブ(和田)

忘れな草賞勝ちということで傾向的に人気になるのですかね。その忘れな草賞はハイペースで1頭が逃げる形で集団は平均ペースくらいのところを早め先頭に立って勝ちきったので競馬自体は強い内容でした。ただここでも桜花賞組との比較がどうかというところは付きまといます。傾向だけで穴人気するならあまり狙いたくはないかなと。


スポンサーリンク


まとめ


人気上位を見てきましたが、下位人気にアーモンドアイ、ラッキーライラック、サトノワルキューレを脅かしそうな存在もなく、冷静に考えると勝ち馬・連対馬は上位3頭の中からで固いかなと。穴予想のブログとしては物足りないですが、ここは致し方ないかなと。

3着争いのイメージで言うと、上に書いた穴馬の条件を満たしているのは、フラワーC勝ちのカンタービレ(田辺)、同2着のトーセンブレス(柴田善)、フローラS2着のパイオニアバイオ(北村宏)に絞られてくるでしょうか。


※最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくとこのブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。

にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ

PR


①東証一部:GMOインターネット株式会社
②【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に
③大川慶次郎の帯封情報/パーフェクトへの無料入口