本日の記事内容


今回は中京ダート1400mで行われましたG3:プロキオンSの回顧について書いていきます。
  • プロキオンSの予想おさらい
  • 購入馬券の内容と結果
  • プロキオンSのレース分析
  • 出走各馬の個別分析
以上の内容でお伝え致します。

― PR ―

《公式》極ウマ・プレミアム
私も愛読している日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト!人気のコンピ指数がレース前夜に読める! コンピ指数活用で目指せ万馬券!
 
※コンピ指数とは日刊スポーツが独自の理論で算出した競走馬の能力指数です。オッズ予想、新馬戦予想、レース内容予測など様々な場面での活用が可能です。

コンピ指数以外にも有料メニューでは…
①新聞と同じ出馬表が前夜に読める
②元騎手・佐藤哲三氏の哲三塾
③レースに直結する動画予想
④重賞調教採点、パドック速報も
⑤南関東、高知競馬情報も掲載
そして極ウマ東西記者予想も充実してます。
ちなみに個人的には同い年のキナミの帝王こと木南友輔記者の穴予想が好きです。

興味ある方はこちらをクリック
↓↓↓

プロキオンSの予想おさらいと馬券結果


Screenshot_2018-07-10-06-38-32

豪雨が過ぎたと思ったら、いきなり猛暑ですね。私の地域は幸いなことに雨は大したことなかったのですが、過去に私が住んでいたところや仕事でよく訪れたところが多く被災していますので、心が痛みます。

そんなところで競馬の話題というのもなんですが、東日本の時に「いつも通り」が嬉しいという話も聞いたことがあります。という訳で今日はプロキオンSの回顧です。

【プロキオンSの予想おさらい】

プロキオンSの予想記事はコチラです。
↓↓↓

ペースが速くなりそうなメンバーであることと不良馬場で差しが効きそうなことから◎キングズガードを本命にしました。実績の割には4番人気というのも狙い目でした。

【購入馬券と結果】

購入馬券の内容
  • 馬連 :◎~○▲☆ (3通り)
  • 三連複:◎~○▲~印(11通り)
○インカンテーション、▲ウインムート、☆ドライヴナイトへの馬連を中心にしました。

レース結果

 1着:マテラスカイ   (△・5人気)
 2着:インカンテーション(○・1人気)
 3着:ウインムート   (▲・2人気)


予想とは逆の前残り決着になりました。不良馬場による高速決着で前が悠里に働きましたね。予想としては完敗です。

スポンサーリンク

プロキオンSのレース分析


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

続いてはレース分析です。

【ラップタイム】

IMG_20180711_081120

前半:33.5 後半:35.6 ハイペース

マテラスカイが飛ばして逃げるハイペースでした。だからと言って後ろが有利になったかというとそうではなくて、前半の追走力が重要なレースだったと言えます。軽快に逃げた馬が直線でもう一脚使えたとなると後ろの馬には厳しいです。

― PR ―

膨大なデータを元に各競走馬の能力の数値化に成功!端的に見るため直前の結果に影響されずに大穴を抜擢!千軍指数が今週も万馬券を演出する!
■無料コンテンツ絶好調■
1.千軍指数(注目レースの各馬の能力を数値化!)
2.軸の理(今週末、軸に推せる注目株を公開!)
3.無料買い目(10点以内でのご提供をお約束!)

2012年11月開設の老舗サイト
雑誌、Webサイト掲載多数
ニックネーム不要で簡単5秒で登録可能
↓↓↓

出走各馬の個別分析


ここからは各馬個別の見解を述べていきます。

1着:マテラスカイ(△)

スプリントから来た馬ということで前半の逃げは軽快でした。高速馬場もこの馬に味方したと思いますが、武豊騎手のエスコートも流石でしたね。軽快に飛ばして、直線前で溜めを作ってもう一脚使わせる完璧な騎乗だったのではないでしょうか。ダメな騎手だと溜めを作る時に、後ろが差を詰めてくることが出来るくらい溜めちゃうんですよね。そこまではせずに脚を引き出すことのできる溜めやったと思います。

2着:インカンテーション(○)

4馬身差ということで勝ち馬には大きく水を空けられてしまいました。初めての1400mということで、前半の追走に苦しんだ部分があります。それでもこの馬はハイペースでのしぶとさが売りなので、地力の差でなんとか2着を確保した形です。やはり本来はもう少し距離を伸ばした中でやりたいです。

3着:ウインムート(▲)

やはり夏に調子を上げてくるのは確かです。こちらは前で残った方ですが、マテラスカイと比較してしまうと前半のスピードは当然劣りますし、直線では完全に引き離されてしまいました。能力差は決定的かと。

4着:サクセスエナジー(△)

やはり前半に特長のある馬が上位に来ていますね。ただし、速力という意味ではマテラスカイ、ウインムートに及びませんでした。この辺りが少し能力が足りなかったかなと。

5着:ブラゾンドゥリス(無印)

この馬も前半頑張って追走しました。外からの3番手辺りでしょうか。ただ直線でのもう一脚がやや足りない印象です。もしかしたら前半で脚を使いきってしまったかもしれません。

7着:キングズガード(◎)

出遅れましたね。これがあることは頭には入っていたのですが…。出遅れた分、リカバリーに脚を使ってしまいました。もう少し中緩みがあるか、バテ差しが生きるような展開にならないと苦しいですね。1400mがベストだとは思いますが。


以上、プロキオンSの回顧でした。

スポンサーリンク

お知らせ


― 各種ブログランキング ―

下記バナーをクリック頂きますと当ブログのランキングが上昇します。ブログ更新の励みになりますのでクリックの御協力をお願いします。またブログランキング内には当ブログより優れた競馬ブログがたくさんありますので、他の競馬ブログをお探しの方も是非クリックしてみてください。

【競馬最強の法則ブログランキング】
【日本ブログ村】
にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ
【人気ブログランキング】

※特に最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくと当ブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。

― PR ―

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。


「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。