本日の記事内容


今回は阪神芝1200mで行われましたG2:セントウルSの回顧について書いていきます。
  • セントウルSの予想おさらい
  • 購入馬券の内容と結果
  • セントウルSのレース分析
  • 出走各馬の個別分析
以上の内容でお伝え致します。

― PR ―

《公式》極ウマ・プレミアム
私も愛読している日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト!人気のコンピ指数がレース前夜に読める! コンピ指数活用で目指せ万馬券!
 
※コンピ指数とは日刊スポーツが独自の理論で算出した競走馬の能力指数です。オッズ予想、新馬戦予想、レース内容予測など様々な場面での活用が可能です。

コンピ指数以外にも有料メニューでは…
①新聞と同じ出馬表が前夜に読める
②元騎手・佐藤哲三氏の哲三塾
③レースに直結する動画予想
④重賞調教採点、パドック速報も
⑤南関東、高知競馬情報も掲載
そして極ウマ東西記者予想も充実してます。
ちなみに個人的には同い年のキナミの帝王こと木南友輔記者の穴予想が好きです。

興味ある方はこちらをクリック
↓↓↓

セントウルSの予想おさらいと馬券結果


Screenshot_2018-09-10-22-42-36

今日も回顧頑張ります。本業では東京への日帰り出張で、行き帰りともに新幹線の中では爆睡でした。週明けから疲れておりますが、苦手な夏が終わったんでね。

ではスプリンターズSにも直結するセントウルSの回顧に参ります。

【セントウルSの予想おさらい】

セントウルSの予想記事はコチラです。
↓↓↓

今までとはちょっと違う予想を上げてみました。タイトルにもありますが、
  • 競馬場実績
  • 距離実績
  • 父産駒のコース実績
を数字で見てみることです。そこから導き出された本命は◎ダイアナへイローでした。

【購入馬券と結果】

購入馬券の内容
  • 馬連 :◎~○▲☆  (3通り)
  • 三連複:◎~○▲☆~印(15通り)
対抗にはしたものの○ファインニードルは大崩はしないと予想し馬連は絞りました。


レース結果

 1着:ファインニードル (○・1人気)
 2着:ラブカンプー   (▲・2人気)
 3着:グレイトチャーター(☆・7
人気)

悪くないんですけどねぇ。思っていたよりも馬場が荒れましたね。結果、道悪枠で採用した☆グレイトチャーターが馬券に絡みました。逆に◎ダイアナへイローは道悪が苦しかったかなと。


スポンサーリンク

セントウルSのレース分析


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

続いてはレース分析です。

【ラップタイム】

IMG_20180910_232154

前半:33.3 後半:35.5 ハイペース

明らかなハイペースになりました。こうなると前半の速力は勿論のこと、後半の底力が必要とされます。ましてや重馬場でしたから、適正云々はありますが、単純に能力の高さが問われたと言ってもいいかもしれません。

― PR ―


《想像を超えた的中率》
競馬予想の歴史を塗り替える情報量!
プレミアムは極上情報を随時お届けします!


出走各馬の個別分析


ここからは各馬個別の見解を述べていきます。レース後コメントを交えながらいきます。

1着:ファインニードル(○)

実力の違いを見せつけましたね。以下川田騎手のコメントです。
「いい内容で勝ってくれました。枠が外過ぎたので、どういう並びになるのかを意識しながら組み立てていました。いい形で進んで、これなら問題ないと感じました。4コーナーの雰囲気は悪くなかったのでつかまえられると思いました。追い切りの時からすごくいい状態ではなかったのですが、その状態で勝ってくれたことは素晴らしいです。ダメージを残したくなかったので少しずつ動いていきました。この後もかなり具合が良くなるので、この内容で終えられたことが自信になりました」
完調ではない中で次を見据えながら、それでも勝ってしまうというところに強さを見ました。スプリント路線は混濁としているように思っていましたが、この馬が一歩抜け出しているかもしれません。

2着:ラブカンプー(▲)

この条件で現時点ではスプリント最強馬に真っ向勝負でこの結果ですから評価すべきですね。坂のあるコース、道悪も問題ありませんでした。道悪の神;デムーロ騎手が鞍上だったことも好結果の要因でしょう。
「頑張りました。道悪は大丈夫でした。(競って来た)ネロがいなければもっといい成績でした」
実力は証明されました。このあとのローテーションが不明ですが、スプリンターズSに向かうのであればここまでの連戦が心配です。

3着:グレイトチャーター(☆)

個人的には思い切って評価を上げても良かった馬です。
「ゲートは出てくれましたが、思ったほど進んで行きませんでした。外々を回りたくなかったので後方になりました。出来れば中団で運びたかったですね。内枠ならもっと良かったかもしれません」 
前半の速力はあまりないということですね。前がバテる展開なら2着、3着には顔を出してくる可能性があるということ。逆に平坦な競馬場だったり、高速馬場で前が止まらないケースは難しいかもしれません。今回は最後に坂のあるコースで道悪だったからこそではないでしょうか。

4着:コウエイタケル(無印)

まさかの4着です。
「良馬場なら勝っていたと思います。馬場はそんなに悪くなっていませんでした。惜しかったです」 
小牧騎手のちょっと意味のわからないコメントです。馬場を敗因にしたかと思いきや、馬場はそんなに悪くなかったと…。

5着:ラインスピリット(無印)

この馬は個人的に好きなのでいつもなら印に加えるところですが、今回は道悪を考慮して避けました。
「重い馬場は本来良くなかったのですが、今回は返し馬からいい雰囲気でした。段々力をつけているのでしょう。レースの幅が広がった感じです」 
森一馬騎手のコメントにもあるように道悪は割引ですね。

11着:ダイアナへイロー(◎)

今回は予想も完敗です。
「いいポジションで流れに乗れましたが、手応えがなくなってしまいました。馬場もあまり合ってはいないでしょうか」
武豊騎手のコメントです。やっぱり馬場ですね。冒頭に書きましたが、ここまで馬場が悪化しているとは思っていませんでした。

以上、セントウルSの回顧でした。

スポンサーリンク

お知らせ


― 各種ブログランキング ―

下記バナーをクリック頂きますと当ブログのランキングが上昇します。ブログ更新の励みになりますのでクリックの御協力をお願いします。またブログランキング内には当ブログより優れた競馬ブログがたくさんありますので、他の競馬ブログをお探しの方も是非クリックしてみてください。

【競馬最強の法則ブログランキング】
【日本ブログ村】
にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ
【人気ブログランキング】

※特に最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくと当ブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。

― PR ―

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。


「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。