お金がたまるポイントサイトモッピー

本日の記事内容


今回は中山芝1600mで行われましたG3:ターコイズSの回顧について書いていきます。
  • ターコイズSSの予想結果
  • ターコイズSのレース分析
  • 出走各馬のレース後騎手コメント
以上の内容でお伝え致します。

― PR ―

《公式》極ウマ・プレミアム
私も愛読している日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト!人気のコンピ指数がレース前夜に読める! コンピ指数活用で目指せ万馬券!
 
※コンピ指数とは日刊スポーツが独自の理論で算出した競走馬の能力指数です。オッズ予想、新馬戦予想、レース内容予測など様々な場面での活用が可能です。

コンピ指数以外にも有料メニューでは…
①新聞と同じ出馬表が前夜に読める
②元騎手・佐藤哲三氏の哲三塾
③レースに直結する動画予想
④重賞調教採点、パドック速報も
⑤南関東、高知競馬情報も掲載
そして極ウマ東西記者予想も充実してます。
ちなみに個人的には同い年のキナミの帝王こと木南友輔記者の穴予想が好きです。

興味ある方はこちらをクリック
↓↓↓

ターコイズSの予想結果とレース分析


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

引き続きましてターコイズSの回顧です。

【ターコイズSの予想結果】

予想はコチラ
↓↓↓

レース結果

      1着:ミスパンテール        (◎・5人気)
      2着:リバティハイツ        (無・10人気)
      3着:デンコウアンジュ    (無・13
人気)
      4着:フロンテアクイーン(○・4人気)
      8着:プリモシーン            (▲・1人気)
    10着:ハーレムライン        (☆・8人気)
  

【レース分析】

_20181217_102655

前半:45.5 後半:47.2 ハイペース

外枠からカワキタエンカが逃げたこと、そしてそれをフロンテアクイーン・マーフィー騎手が突いたことによって道中の緩みが全くできませんでした。結果、前に行った馬はかなり苦しくなり、中団や後ろの馬も外を回せば苦しくなるというレースでした。

好枠に入った◎ミスパンテールは好スタートを切りましたが、無理して前に行くことはせず(この辺りの読みが横山典騎手の素晴らしいところ)、中団のインで待機。直線で前が潰れるところを鮮やかに差しきりました。

リバティハイツはミスパンテールよりも1列前での競馬。これで粘り込んだのだから力はあります。1400m向きかなというのと、このレースは社台の馬がよく走るなというのが印象。

デンコウアンジュも忘れた頃にやって来た感があって、最後方追走からインを突いてのもの。余計なロスなく進められた印象です。

○フロンテアクイーンは前半積極的に行きすぎたかもしれません。初騎乗の外国人騎手というのと外枠だったので致し方ない部分もあります。

一方、人気のプリモシーンフローレスマジックは追走に苦しんだイメージ。中山小回りも合わなかったかもしれません。これらは広いコースで中距離寄りの競馬になったときに。

― PR ―


《想像を超えた的中率》
競馬予想の歴史を塗り替える情報量!
プレミアムは極上情報を随時お届けします!


出走各馬のレース後騎手コメント


ここからは各馬個別の見解を述べていきます。レース後コメントを交えながらいきます。

1着:ミスパンテール(◎)

横山典騎手のコメントです。
「連覇することができて嬉しいです。レースはこの馬の気分に任せて、自然体でこの馬のリズムで行きました。去年も混戦でしたが、今年は早めに良いスペースを確保して去年より楽でした。秋は長い距離で大変でしたが、来年はまたマイル戦で頑張ってほしいと思います」
予想でも書きましたが、やはり前走は距離が長かったです。鞍上も追ってませんでしたしね。マイルがベストでしょう。ここは予想通りでした。

2着:リバティハイツ(無印)

北村友騎手のコメントです。
「前走は入れ込みがきつかったので、調教師と相談して今日はメンコをつけました。その効果が大きく、道中は力まずうまく走れました。ペースが速い中、直線で脚を使ってくれて、収穫の大きいレースでした」
ペースが速かったのが合っていましたね。繰り返しますが、このレースは社台の馬がよく走る印象です。


3着:デンコウアンジュ(無印)

柴田善騎手のコメントです。
展開に左右される所はありますが、乗りやすい馬でした。追い出したらビュンと行きだして、直線の坂を上がる時の伸び脚はすごかったです」
やはりタフな展開、競馬場に強いイメージです。恐れ入りました。

4着:フロンテアクイーン(○)

マーフィー騎手のコメントです。
外枠ということもあり、ある程度のポジションを取りに行きました。それでも終いまでしっかりと脚を使ってくれています」
やはり外枠を意識してのことだったんですね。単純な力負けではないことが分かります。


8着:プリモシーン(▲)

ビュイック騎手のコメントです。
「スタートは出てくれてポジションは悪くありませんでしたが、4コーナーの勝負どころで前が壁になってしまいました。その影響でトップスピードになるまで時間がかかりました。結果論ですが、もっと早く外に出すべきでした」
ビュイック騎手ならステルヴィオのことがあったので何とかしてくれるかとも思いましたが、やはりコメント通り広い競馬場でしっかり加速できるところに適性がありそうです。


10着:ハーレムライン(☆)

大野騎手のコメントです。
「上位とはそれほど差はありませんでしたし、もう少し力をつけてくれればオープンクラスでも十分やれそうです」
今年の3歳牝馬はアーモンドアイが抜けていましたが、それ以外のオープンクラスは案外ですかね。前に付いていって苦しくなったことは否めませんが。


以上、ターコイズSの回顧でした。


ここまでお読み頂きありがとうございます。
最後にランキング応援クリックして頂けたら幸いです。
↓↓↓
競馬最強の法則ブログランキング

関連記事

お知らせ


― 各種ブログランキング ―

下記バナーをクリック頂きますと当ブログのランキングが上昇します。ブログ更新の励みになりますのでクリックの御協力をお願いします。またブログランキング内には当ブログより優れた競馬ブログがたくさんありますので、他の競馬ブログをお探しの方も是非クリックしてみてください。

【競馬最強の法則ブログランキング】
【日本ブログ村】
にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ
【人気ブログランキング】

※特に最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくと当ブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。

― PR ―

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。


「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。

スポンサーリンク