お金がたまるポイントサイトモッピー

本日の記事内容


新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

今回は毎年年初に行っています年間G1予想について書いていきます。
  • 3歳G1勝ち馬予想
  • 古馬G1勝ち馬予想
以上の内容でお伝え致します。

― PR ―

《公式》極ウマ・プレミアム
私も愛読している日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト!人気のコンピ指数がレース前夜に読める! コンピ指数活用で目指せ万馬券!
 
※コンピ指数とは日刊スポーツが独自の理論で算出した競走馬の能力指数です。オッズ予想、新馬戦予想、レース内容予測など様々な場面での活用が可能です。

コンピ指数以外にも有料メニューでは…
①新聞と同じ出馬表が前夜に読める
②元騎手・佐藤哲三氏の哲三塾
③レースに直結する動画予想
④重賞調教採点、パドック速報も
⑤南関東、高知競馬情報も掲載
そして極ウマ東西記者予想も充実してます。
ちなみに個人的には同い年のキナミの帝王こと木南友輔記者の穴予想が好きです。

興味ある方はこちらをクリック
↓↓↓

3歳G1勝ち馬予想


_20190101_124150

新しい年が始まりました。本来は年明けの抱負などを書くべきなのでしょうが、とにかく去年が酷すぎたので、あまり御託を並べるのも良くないかなと。アレコレというよりも今年は目の前の一戦、一勝負に全力でいきたいと思ってます。

ということで、年初最初の更新は勝手に恒例企画としています年間G1勝ち馬予想です。私の愛読紙である日刊スポーツさんが毎年行っているもので、パクり企画ではありますが、楽しんで参りましょう。

まずは3歳G1編から。昨年は日本ダービーのワグネリアンが的中しています。

【3歳G1勝ち馬予想】

☆桜花賞予想:ダノンファンタジー
→阪神ジュベナイルフィリーズでは能力が抜けてましたよね。アーモンドアイ級の牝馬が年明け出てこないと逆転はないのではないでしょうか。

☆皐月賞予想:アドマイヤマーズ
→朝日杯フューチュリティSでは距離延長でもやれそうな雰囲気を出していました。サートゥルナーリアよりは安定感がありそうなイメージで。

☆NHKマイルC予想:ファンタジスト
→距離はマイルまでならやれそうな感じがします。有力馬の使い分けでこちらに強豪が回ってこなければ。

☆オークス予想:グランアレグリア
→左回りの軽い馬場が合っていると思います。ダノンファンタジーとの勝負になると思います。

☆日本ダービー予想:サートゥルナーリア
→お兄さんたちより我慢が効く感じなのでダービー制覇もあるかなと。今年の世代はこれ以上の素質の馬もいなさそうで。

☆秋華賞予想:ダノンファンタジー
→春秋の二冠を取ると予想。それくらい能力高いと思った。小回り対応も効く。

☆菊花賞予想:サートゥルナーリア
→この血統ならロードカナロア産駒でも距離は持つのではないかなと。

今年の3歳はちょっと層が薄いのかなという印象です。アーモンドアイのように素質馬が年明けから出てくるケースもありますが、今年はどうでしょうか。

― PR ―


《想像を超えた的中率》
競馬予想の歴史を塗り替える情報量!
プレミアムは極上情報を随時お届けします!


古馬G1勝ち馬予想


unnamed (30)

続きまして古馬G1勝ち馬予想です。

【古馬G1勝ち馬予想】

☆フェブラリーS予想:ゴールドドリーム
→ルヴァンスレーヴは強いですが、左回りのマイルならこちらの方が上と思ってます。

☆高松宮記念予想:ダノンスマッシュ
→ロードカナロア産駒が古馬になって競馬界を席巻しそうな雰囲気がします。

☆大阪杯予想:ブラストワンピース
→機動力不足という評価をしていましたが、意外と小回りをパワフルに回ってくる方が向いているのではないかと。

☆天皇賞(春)予想:エタリオウ
→そろそろ勝利してもいいのでは?このままでは主な勝ち鞍未勝利戦になってしまいます。

☆ヴィクトリアマイル予想:リスグラシュー
→明け4歳牝馬はちょっと層が薄い(牡馬はレベル高いですが)。なので5歳世代から。

☆安田記念予想:ダノンプレミアム
→元々距離は短い方が合っていると思っている。怪我からの回復具合が気になりますが。

☆宝塚記念予想:ディアドラ
→タフな季節にタフな競馬場でしぶとい脚を出してくる馬に。

☆スプリンターズS予想:ダノンスマッシュ
→春秋の二冠で。ファインニードルの天下が続くとは思えない。

☆天皇賞(秋)予想:ワグネリアン
→やはり中距離ででしょうね。器用さの問われる右回り小回り競馬場よりも東京の方が。

☆エリザベス女王杯予想:モズカッチャン
→ここも5歳世代から。牝馬の中ではスタミナ勝負なら抜けている。

☆マイルCS予想:サングレーザー
→2年連続で指名。使い分けもあるので微妙ですが、今年こそ。

☆ジャパンカップ予想:キセキ
→個人的に応援している馬なので。川田騎手とのコンビで勝たせてあげたい。

☆チャンピオンズC予想:ルヴァンスレーヴ
→これはしょうがないです。他に思い浮かびません。それくらい去年の勝ち方は死角がなかった。

☆有馬記念予想:アーモンドアイ
→今年は海外メインかなということで他のレースでは指名しませんでした。凱旋門賞制覇後の帰国初戦なら年末盛り上がるでしょうね。

以上、こんな感じにしてみました。ご覧頂いて分かると思いますが、基本的に牡馬は明け4歳世代が中心になるかなと見ています。逆に牝馬はアーモンドアイを除くと4歳世代は厳しいかなと。もしかしたら牝馬は3歳世代が入り込んでくるかもしれません。

皆さんはどう予想しますか?今年も良い1年にできるよう頑張っていきましょう。


ここまでお読み頂きありがとうございます。
最後にランキング応援クリックして頂けたら幸いです。
↓↓↓
競馬最強の法則ブログランキング

関連記事

お知らせ


― 各種ブログランキング ―

下記バナーをクリック頂きますと当ブログのランキングが上昇します。ブログ更新の励みになりますのでクリックの御協力をお願いします。またブログランキング内には当ブログより優れた競馬ブログがたくさんありますので、他の競馬ブログをお探しの方も是非クリックしてみてください。

【競馬最強の法則ブログランキング】
【日本ブログ村】
にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ
【人気ブログランキング】

※特に最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくと当ブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。

― PR ―

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。


「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。

スポンサーリンク