お金がたまるポイントサイトモッピー

本日の記事内容


今回は中京ダート1800mで行われますG2:東海Sの事前分析を行っていきます。
  • 東海Sで特筆すべき傾向は?
  • 想定人気上位馬の見解
  • 想定人気中位馬の見解
以上の内容でお伝え致します。

― PR ―

《公式》極ウマ・プレミアム
私の愛読紙でもある日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト!人気のコンピ指数がレース前夜に読める!コンピ指数活用で目指せ万馬券!

コンピ指数以外にも有料メニューでは…
①新聞と同じ出馬表が前夜に読める
②元騎手・佐藤哲三氏の哲三塾
③レースに直結する動画予想
④重賞調教採点、パドック速報も
⑤南関東、高知競馬情報も掲載
そして極ウマ東西記者予想も充実してます。
ちなみに個人的には同い年のキナミの帝王こと木南友輔記者の穴予想が好きです。

東海Sで特筆すべき傾向は?


ダウンロード (42)

お疲れ様です。

今週もう一つの重賞はG1:フェブラリーSの前哨戦になります東海Sです。その傾向を探っていきましょう。

【東海Sで特筆すべき傾向は?】

傾向についてはこれまでのようにJRAのホームページに記載のありますデータをお借りしていきます。


①1人気or4人気が勝利
_20190116_112414
この時期の開催に移った過去6年の人気別成績です。なんと勝ち馬は1人気と4人気からしか出ておりません。

今回の予想オッズでは、
  • インティ(1人気)
  • スマハマ(4人気)
の2頭が該当します。


②5歳馬が優勢
_20190116_112924
勝率は勿論のこと連対率、3着内率も突出した数字になっています。

今回の登録馬では、
  • アンジュデジール
  • インティ
の2頭が該当します。


③当日の馬体重520kg以上
_20190116_113358
中京は砂が厚いイメージで力の必要な馬場ですからそれが表れているのでしょう。当日の馬体重は分かりませんので、ここでは暫定で過去2走の平均が520kg以上の馬とします。

今回の登録馬では、
  • アスカノロマン  (平均526kg)
  • スマハマ     (平均531kg)
の2頭が該当します。


④6走前までにオープン特別2連対以上
_20190116_114117
過去3年の勝ち馬は6走前までにオープン特別での連対が2回以上あったというものです。

今回の登録馬では、
  • スマハマ(前走:青竜S2着、前々走:ヒヤシンスS1着)
のみが該当します。


こうやって見ていくと今回複数該当するのは2頭のみとなります。
  • スマハマ(①③④)
  • インティ(①②)
素直にこれらの該当馬からいくか、もしくは穴馬を探すか、各馬の見解を交えながら検討していきたいと思います。



スポンサーリンク

想定人気上位馬の見解(インティ・チュウワウィザード・アンジュデジール)


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

ここでは想定人気上位の馬について見ていきます。インティ、チュウワウィザード、アンジュデジールの3頭です。

★インティ(武豊)

未勝利からの5連勝で重賞の舞台へやってきました。これまでの勝ち方が圧倒的で、2着馬との差が未勝利戦から順に1.2秒差→0.7秒差→0.7秒差→1.6秒差→0.8秒差と楽勝の連続でした。ここで人気になるのも頷けます。

スタートが上手く楽に先行でき、直線で後ろを引き離す横綱競馬ばかりで、何か粗を探そうと映像を確認しましたが、これといって見当たりません。強いて言うならば揉まれる競馬をしていないことくらいでしょうか。各レースで武豊騎手もほとんど追っていませんから、まだ秘めたる素質を持っているようにも見えます。

左回りの経験もしていますし(その時は若干かかり気味だったのが気になりますが)、無理して嫌う必要は全くないでしょう。


★チュウワウィザード(川田)

中団からの差しタイプ。しぶとく伸びてくるタイプで、未だに馬券圏内を一度も外していません。理想は前が潰れる展開かなということと川田騎手とは手が合いそうだなとは映像を見ていて感じました。

ただ差しタイプの分、2走前のようにコーナーで外を回らされると、差し遅れとなってしまう可能性も孕んでいます。特に中京はコーナーがタイトなので、できれば外を回らされることは避けたいです。


★アンジュデジール(横山典)

JBCレディスクラシックを勝利し、チャンピオンズCでは4着に粘ってここへやって来ました。

いずれも横山典騎手の上手い騎乗もあって好結果に導かれており、今回もこのコンビには期待できます。ただ牡馬の混じっては、好騎乗でも限界を感じた前走でもあったので、ここは半信半疑でもあります。

先行して絶好のポジションを取ることは必須です。そこからが勝負だと思います。


ランキングにはここで扱わなかった人気薄で気になる馬(その①)を記載しておきます。
↓↓↓
 
(クリック願います。ブログ説明文の欄に馬名記載しています)
人気がないながらも2年連続馬券に絡んでいるんですよね。この時期の中京の砂が合っているような気もします。内枠引いて脚をじっくり溜めるパターンが得意なので枠順にも注目です。


― PR ―


《想像を超えた的中率》
競馬予想の歴史を塗り替える情報量!
プレミアムは極上情報を随時お届けします!


想定人気中位馬の見解(スマハマ・グレンツェント・コスモカナディアン)


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

ここからは中位人気馬について見ていきます。スマハマ・グレンツェント・コスモカナディアンです。

★スマハマ(藤岡佑)

骨折休養明けの一戦です。そして強い明け4歳世代として人気になりそうです。東京大賞典を制したオメガパフュームにも先着したことがあります。

タイプ的には先行して直線でもう一脚を使って後ろを引き離すレースで好走しています。前走青竜Sでは若干立ち遅れて馬群での競馬を嫌がるような素振りを見せていたので、スタートをしっかり切れるかどうかがポイントです。


★グレンツェント(ミナリク)

2年前の覇者です。ですが、それ以降全く走らなくなってしまいました。この世代のダート馬もゴールドドリーム含め強い世代と言われていて、私もこの馬には期待していただけに個人的にはここで復活して欲しいです。

タイプ的には先行する馬でなく、ハイペースで前が潰れる展開を希望。今回、明確な逃げ馬はいませんが、断然人気が先行馬なだけに前の争いが激しくなるかもしれません。あるいは強力な先行馬がいる場合は、弱い馬は前から順に潰れていく可能性がありますので、その場合に漁夫の利的な差し込みがあるかもしれません。


★コスモカナディアン(丸山)

昨年は13番人気で2着に入り波乱を呼びました。その昨年は休み明け2走目で、ハイペースの中を徐々にポジションを上げて最後まで粘りました。基本的にペースが速くなるのは得意ですので、上手くポジションが取れればやれると思います。

ただ一番気掛かりなのは使い詰め。既に4ヶ月で5走しており、今回は6戦目。使い詰めて大敗なんてことも過去にはありましたし、厚い印はちょっと難しいです。


こちらのランキングでもここで扱わなかった人気薄で気になる馬(その②)を記載しておきます。
↓↓↓

(クリック願います。ブログ説明文の欄に馬名記載しています)
年齢が年齢ですが、過去にもブログで書きましたがいつどのタイミングで走るか分からない馬です。資金的に余裕があるのなら抑えたいです。


関連記事


お知らせ

― 各種ブログランキング ―

下記バナーをクリック頂きますと当ブログのランキングが上昇します。ブログ更新の励みになりますのでクリックの御協力をお願いします。またブログランキング内には当ブログより優れた競馬ブログがたくさんありますので、他の競馬ブログをお探しの方も是非クリックしてみてください。

【競馬最強の法則ブログランキング】
【日本ブログ村】
にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ
【人気ブログランキング】

※特に最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくと当ブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。

― PR ―

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。


「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。