お金がたまるポイントサイトモッピー

本日の記事内容


今回は東京ダート1400mで行われますG3:根岸Sの事前分析を行っていきます。
  • 根岸Sで特筆すべき過去の傾向は?
  • 想定人気上位馬の見解
  • 想定人気中位馬の見解
以上の内容でお伝え致します。

― PR ―

《公式》極ウマ・プレミアム
私の愛読紙でもある日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト!人気のコンピ指数がレース前夜に読める!コンピ指数活用で目指せ万馬券!

コンピ指数以外にも有料メニューでは…
①新聞と同じ出馬表が前夜に読める
②元騎手・佐藤哲三氏の哲三塾
③レースに直結する動画予想
④重賞調教採点、パドック速報も
⑤南関東、高知競馬情報も掲載
そして極ウマ東西記者予想も充実してます。
ちなみに個人的には同い年のキナミの帝王こと木南友輔記者の穴予想が好きです。

根岸Sで特筆すべき過去の傾向は?


ダウンロード (42)

お疲れ様です。

今回は根岸Sの事前分析です。過去の傾向は明らかでダートにしては珍しく差し・追い込み優勢のレースです。昨年は逆読みで「穴は前だ!」なんて言いながら撃沈したのを覚えています…。

【根岸Sで特筆すべき過去の傾向は?】

傾向についてはこれまでのようにJRAのホームページに記載のありますデータをお借りしていきます。


①前走距離ダ1400m以上が中心
_20190123_221706
根岸Sが距離1400mということでスプリントから来る馬、マイルから来る馬、そしてフェブラリーSの前哨戦ということで中距離から来る馬が混在します。

スプリントの馬がいる影響で基本的には前半が速くなる展開となります。そうなると結果的にはスタミナが必要になってくるのかなというのがこの傾向から読み取れます。

また距離はあっても前走芝は上記「その他のレース」に分類されるので、ここでは除外します。

今回の登録馬では、
  • クインズサターン (1800m)
  • サトノファンタシー(1400m)
  • サンライズノヴァ (1800m)
  • ヒロブレイブ   (1400m)
  • マテラスカイ   (1400m)
  • メイショウウタゲ (1600m)
  • ユラノト     (1400m)
  • ラブバレット   (1400m)
の8頭が該当します。


②近3走中1600m以上に2回以上出走
_20190124_085520
こちらも①と同様のことが言えると思いますが、より距離が長い方を重視されています。

今回の登録馬では、
  • クインズサターン (3回)
  • クロスケ     (3回)
  • ケイアイノーテック(2回)
  • サンライズノヴァ (2回)
  • メイショウウタゲ (2回)
  • ユラノト     (2回)
の6頭が該当します。


③直近での東京ダート戦実績
_20190124_090327
過去10年の勝ち馬は直近の東京ダート戦での戦績が重要です。勝つか負けても0秒4差以内が目安となりそうです。

今回の登録馬では、
  • クインズサターン(武蔵野S2着 0秒2)
  • サトノファンタシー(霜月S1着)
  • サンライズノヴァ(武蔵野S1着)
の3頭が該当します。



以上、全ての項目に該当した馬が2頭、2項目に該当した馬が3頭でした。
  • クインズサターン (全項目)
  • サンライズノヴァ (全項目)
  • サトノファンタシー(①③)
  • メイショウウタゲ (①②)
  • ユラノト     (①②)
素直にこれらの該当馬からいくか、もしくは穴馬を探すか、各馬の見解を交えながら検討していきたいと思います。



スポンサーリンク

想定人気上位馬の見解(サンライズノヴァ・コパノキッキング・マテラスカイ)


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

ここでは想定人気上位の馬について見ていきます。サンライズノヴァ・コパノキッキング・マテラスカイの3頭です。

★サンライズノヴァ(戸崎)

全項目該当で差し脚に特徴のある馬です。ここでの1番人気は当然ですよね。武蔵野Sでも見事な後方追い込みで勝利でした。

安定的な結果を残してはいるのですが、スタートは要注意。大きく出遅れることがあります。ただ前走後の戸崎騎手のコメントにもある通り、道中は動かしていかない方が末脚を発揮できるタイプ。個人的には戸崎騎手と手があっているなと。

後ろからなのでそこまで気にしなくていいかもしれませんが、出来ればスムーズに出せる外枠の方がいいかもしれません。内は先行馬が垂れてきそうで嫌ですね。


★コパノキッキング(マーフィー)

3連勝中ですから人気にはなるでしょうね。ただ傾向に合致しなかった通り、短距離から来てる馬というのが今回の1番のポイントかと思います。

前走カペラSは大きく出遅れて後方からの競馬でしたが、基本的には前半のスピードで押し切るタイプです。これはこの根岸Sには合わなさそうですよね。能力で押し切りも考えられないことはないですが、前半速い馬は結構いますので、本命には推しづらいです。


★マテラスカイ(武豊)

こちらも快足馬です。プロキオンSの印象が強いですが、あの時は湿ったダートでスピードが生きる展開でした。その後、地方で馬券圏内に入れないなど安定感がない戦績です。

レース映像も見てみましたが、やはり前半に絡まれたりすると最後までもたない感じもあるので、楽にスピードを生かして逃げられる展開に持ち込みたいですね。そういう意味では今回のメンバー構成は前で速い馬が結構いますので厄介です。



想定人気上位3頭ではやはりサンライズノヴァは外せませんね。ランキングでは今回の記事には登場していない馬で気になる馬を紹介しておきます。
↓↓↓
 
(クリック願います。ブログ説明文の欄に馬名記載しています)
前走回顧記事では距離不足と書いていました。今回の距離延長は狙いどころかもしれません。人気もありませんし、ここでの好走経験もあります。


― PR ―


《想像を超えた的中率》
競馬予想の歴史を塗り替える情報量!
プレミアムは極上情報を随時お届けします!


想定人気中位馬の見解(ユラノト・クインズサターン・ケイアイノーテック)


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

ここからは中位人気馬について見ていきます。ウユラノト・クインズサターン・ケイアイノーテックです。

★ユラノト(ルメール)

この馬も先行馬。飛ばして逃げるタイプではありませんが、着実に先行して粘り込むことが多いです。厳しい競馬でも粘ることができるので、個人的には結構評価しています。

今回調べた傾向にも2項目該当していますし、差し・追い込み勢の不発、逃げ馬の失速を不安視するならこの馬から狙ってみても良いかと思います。あとは重賞での実績が少し足りないことくらいです。


★クインズサターン(四位)

今回の傾向に全項目該当する追い込み馬です。前のペースは無視して無欲で追い込んで来るイメージですね。四位騎手もこの馬のタイミングで今回も差して来るでしょう。この馬としてはやはり前が速くなって潰れていく展開がベストですから、今回も厚い印に推して良いと思います。

ただ気になるのは1400mの経験がないこと。前半で追走に苦労するようなら、差し脚不発なんてこともあるかもしれません。


★ケイアイノーテック(藤岡佑)

昨年のNHKマイルカップの覇者がダートに参戦してきます。母馬がダートを走っていたとはいえ、これはなかなか未知数です。

脚質的には後方からの馬なので今回の舞台には合っていますが、内枠を引いて砂を被りながらだったりすると走れないかもしれませんし、そもそもダートが合わない可能性もあります。逆にダートの才能がものすごくあることも考えられますので、印は難しくなります。



想定人気中位3頭ではこの馬ですね。
↓↓↓

(クリック願います。ブログ説明文の欄に馬名記載しています)
ジョッキー含めもう少し人気になってくるのでしょうか。直前人気も含め最終的な印を判断したいです。


関連記事


お知らせ

― 各種ブログランキング ―

下記バナーをクリック頂きますと当ブログのランキングが上昇します。ブログ更新の励みになりますのでクリックの御協力をお願いします。またブログランキング内には当ブログより優れた競馬ブログがたくさんありますので、他の競馬ブログをお探しの方も是非クリックしてみてください。

【競馬最強の法則ブログランキング】
【日本ブログ村】
にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ
【人気ブログランキング】

※特に最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくと当ブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。

― PR ―

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。


「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。