お金がたまるポイントサイトモッピー

本日の記事内容


今回は京都芝2200mで行われましたG2:京都記念の回顧について書いていきます。
  • 京都記念の予想結果
  • 京都記念のレース分析
  • 出走各馬のレース後騎手コメント
以上の内容でお伝え致します。

― PR ―

《公式》極ウマ・プレミアム
私も愛読している日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト!人気のコンピ指数がレース前夜に読める! コンピ指数活用で目指せ万馬券!
 
※コンピ指数とは日刊スポーツが独自の理論で算出した競走馬の能力指数です。オッズ予想、新馬戦予想、レース内容予測など様々な場面での活用が可能です。

コンピ指数以外にも有料メニューでは…
①新聞と同じ出馬表が前夜に読める
②元騎手・佐藤哲三氏の哲三塾
③レースに直結する動画予想
④重賞調教採点、パドック速報も
⑤南関東、高知競馬情報も掲載
そして極ウマ東西記者予想も充実してます。
ちなみに個人的には同い年のキナミの帝王こと木南友輔記者の穴予想が好きです。

興味ある方はこちらをクリック
↓↓↓

京都記念の予想結果とレース分析


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

お疲れ様です。

続きまして京都記念の回顧です。本命を◎パフォーマプロミスか☆ダンビュライトで迷って、選ばなかった方が勝つという残念な結果に終わってしまいました。

【京都記念の予想結果】

予想はコチラ
↓↓↓


レース結果

 01着:ダンビュライト  (☆・6人気)
 02着:ステイフーリッシュ(○・1人気)
 03着:マカヒキ     (△・2人気)

 04着:パフォーマプロミス(◎・4人気)
 05着:ケントオー    (無・9人気)

 09着:ノーブルマーズ  (▲・3人気)


【レース分析】

_20190211_233106

前半:63.3 後半:59.3 超スローペース

これまた超スローペースです。少頭数で明確な逃げ馬もいなかったので致し方ないかもしれません。事実逃げたのは△タイムフライヤーでしたからね。

このスローペースを嫌って向正面でブラックバゴ(池添騎手)が捲っていきました。そのため、全体としては中盤から1段階目のペースアップがあり、さらに直線でもう1段脚を使うという、2段階のペースアップという後半の内容でした。

長く脚を使えて更に一脚が求められる展開でした。且つ馬場的には内側が結構厳しくて、外側が伸びる傾向にありましたね。

1着☆ダンビュライトにはこの展開が向きましたね。前走は瞬発力寄りのレースになってしまい足りませんでしたが、後半タフな流れになるのは合っていました。本命にしなかったのが悔やまれます。

2着○ステイフーリッシュは堅実駆けですね。ただこうなると少し勝ち切れない馬になっていく可能性もあります。

3着△マカヒキは岩田騎手がしっかり道中我慢をさせて最後に突っ込んできました。ただこのメンバーで3着ですから、もう突き抜けるものはないのかもしれません。

4着◎パフォーマプロミスは逃げ馬の後ろという絶好のポジションでしたけれども、今回はちょっと内が伸びなかったかなと。

5着ケントオーは完全に無欲の追い込みでした。9着▲ノーブルマーズにとっては向いた展開じゃないかなと思っていましたが、最後は案外でした。ラスト2Fの速いラップを求められたところが苦しかったですかね。


― PR ―


《想像を超えた的中率》
競馬予想の歴史を塗り替える情報量!
プレミアムは極上情報を随時お届けします!


出走各馬のレース後騎手コメント


ダウンロード (48)

ここからはレース後騎手コメントです。レース後コメントは馬の特徴が分かったりもしますので、すごく貴重な情報源です。

1着:ダンビュライト(☆)

松若騎手のコメントです。
「昨年は重賞を勝てなかったので、ここを勝って勢いづけたいなと思っていました。レースの流れは思ったより遅かったですが、馬がリラックスして良いリズムで走っていました。直線はヒヤヒヤしながらでしたが手応え通り良い伸びを見せてくれました。(コンビ3戦3勝は)良いタイミングで乗せてもらっています。いただいたチャンスをしっかり活かしたいと思っていたので嬉しいです」
見事な騎乗だったと思います。コンビ3戦3勝は覚えておきたいですね。


2着:ステイフーリッシュ(○)

藤岡佑騎手のコメントです。
「前走で道中動いて行きましたが、それでも今回は落ち着いてレースをしていました。状態も良く交わしきってほしかったですけどね...。それでも立ち回りを考えれば勝った馬も強いですし仕方ないですね。直線ではミスステップしたようにまだ幼くて、その分成長が楽しみです」
かなり安定感は出てきたということでしょうね。次はなんとか勝ち切って欲しいです。


3着:マカヒキ(△)

岩田騎手のコメントです。
「よく伸びているのですが...。追い出しのところで少しもたつきました。ラスト200mは頑張ってくれました」
やっぱりどんどんズブくはなっていっているんですね。


4着:パフォーマプロミス(◎)

福永騎手のコメントです。
「最後まで良く頑張ってくれています。行き脚がないと聞いていましたが、その辺は行き脚もついて楽に運べました」
ペースが遅かったですからね。それよりも後半のところや内側の芝の状態などについてコメント欲しかったです。


9着:ノーブルマーズ(▲)

高倉騎手のコメントです。
「今日はスローすぎて折り合いがつかなかったです。直線では余力がなかったです。これまではそこまで難しくなかったのですが、段々乗りづらくなっています。内枠もアダになったと思います」
枠の話は前走「外枠は駄目」と話していたのでちょっと矛盾しています。年齢を経て乗り難しくなっているというのが、気掛かりではありますね。


以上、京都記念の回顧でした。


ここまでお読み頂きありがとうございます。
最後に応援クリックして頂けたら幸いです。
↓↓↓
競馬最強の法則ブログランキング

関連記事

お知らせ


― 各種ブログランキング ―

下記バナーをクリック頂きますと当ブログのランキングが上昇します。ブログ更新の励みになりますのでクリックの御協力をお願いします。またブログランキング内には当ブログより優れた競馬ブログがたくさんありますので、他の競馬ブログをお探しの方も是非クリックしてみてください。

【競馬最強の法則ブログランキング】
【日本ブログ村】
にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ
【人気ブログランキング】

※特に最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくと当ブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。

― PR ―

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。


「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。

スポンサーリンク