お金がたまるポイントサイトモッピー

本日の記事内容


今回は阪神芝1400mで行われましたG3:阪急杯の回顧について書いていきます。
  • 阪急杯の予想結果
  • 阪急杯のレース分析
  • 出走各馬のレース後騎手コメント
以上の内容でお伝え致します。

― PR ―

《公式》極ウマ・プレミアム
私も愛読している日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト!人気のコンピ指数がレース前夜に読める! コンピ指数活用で目指せ万馬券!
 
※コンピ指数とは日刊スポーツが独自の理論で算出した競走馬の能力指数です。オッズ予想、新馬戦予想、レース内容予測など様々な場面での活用が可能です。

コンピ指数以外にも有料メニューでは…
①新聞と同じ出馬表が前夜に読める
②元騎手・佐藤哲三氏の哲三塾
③レースに直結する動画予想
④重賞調教採点、パドック速報も
⑤南関東、高知競馬情報も掲載
そして極ウマ東西記者予想も充実してます。
ちなみに個人的には同い年のキナミの帝王こと木南友輔記者の穴予想が好きです。

興味ある方はこちらをクリック
↓↓↓

阪急杯の予想結果とレース分析


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

お疲れ様です。

もう2月も終わりになります。暖かい日が増えてきましたね。毎月書いていますが、巻き返しの3月にしたいです。

それでは阪急杯の回顧です。


【阪急杯の予想結果】

予想はコチラ
↓↓↓


レース結果

 01着:スマートオーディン(無・11人気)
 02着:レッツゴードンキ (▲・4人気)
 03着:ロジクライ    (△・2人気)

 04着:ロードクエスト  (△・5人気)
 05着:エントシャイデン (△・7人気)

 07着:ミスターメロディ (○・1人気)
 09着:スターオブペルシャ(☆・6人気)
 17着:ダイメイフジ   (◎・8人気)


【レース分析】

_20190226_084658

前半:34.4 後半:34.6 平均ペース

今年もダイアナヘイローが逃げました。昨年と比べてもほぼ変わらないペースでした。今年の方が前半で0.2秒遅いくらいです。ですが、今年は最後までもちませんでした。後ろからのプレッシャーも厳しくはなかったのですが。人気を落とした時に買いたい馬というのは変わらないですね。

1着:スマートオーディンは個人的にはノーマークでした。藤岡佑騎手が最後方に構えて折り合いに専念しましたね。マイルでもかかっている様子でしたから、距離短縮と乗り方で一変しました。

2着:▲レッツゴードンキは最内枠を生かしてポジションを取ってきました。1400mがベストと思いますが、どうしても勝ち切れない馬ですよね。

3着:△ロジクライは過去のコメントから被されるのが苦手な馬で、それが内枠だったので軽視しました。鞍上が上手くなだめたのでしょうか、最後まで頑張って走っていました。

4着:△ロードクエストは期待通り最後追い込んできました。もう一歩でしたが、この馬はこの脚質なので嵌まるか嵌まらないかです。

5着:△エントシャイデンも後半型の競馬でした。データ的には可能性ありましたが、勝利までは届きませんでしたね。ただ重賞でやれる手応えもあったと思います。

7着:○ミスターメロディは先行しましたが直線で失速でした。他のメンバーの結果だけ見ると阪神カップはあまりレベルは高くなかったのかなぁと。

9着:☆スターオブペルシャも阪神カップ組。前にも行けませんでしたし、いいところがありませんでした。

17着:◎ダイメイフジも完全に失速。期待外れに終わりました。

― PR ―


《想像を超えた的中率》
競馬予想の歴史を塗り替える情報量!
プレミアムは極上情報を随時お届けします!


出走各馬のレース後騎手コメント


ダウンロード (48)

ここからはレース後騎手コメントです。レース後コメントは馬の特徴が分かったりもしますので、すごく貴重な情報源です。

1着:スマートオーディン(無印)

藤岡佑騎手のコメントです。
「能力の高い馬だということはわかっていました。難しい馬だと聞いていましたが、うまく走ってくれました。流れに乗り、リズム良く走って上手く折り合いました。期待以上の走りでした。いい形で追い上げましたし、最後は遊ぶ余裕もありながら突き放しました。改めて能力の高さを感じました」
上手く特徴を掴んで勝利に導きましたね。どこかの記事でも書きましたが、今年も藤岡佑騎手は期待に応えてくれそうです。


2着:レッツゴードンキ(▲)

岩田騎手のコメントです。
「内枠でしたから、ある程度の位置につけて直線で抜け出すという思っていたとおりのレースができました。今日は勝った馬の決め手にやられたというレースでした」
狙いがしっかり分かる騎乗でした。これで負けたら仕方がないというのが伝わってきますね。


3着:ロジクライ(△)

横山典騎手のコメントです。
スタートで他馬にぶつけられて、位置が一頭分後ろになったのが痛かったです。ラインスピリットの前でレースをしたかったのですが、その位置取りが最後まで響きました。残念です。しかし、今日の勝った馬は強いです」
不利があったようですね。それにしては結果が残せたと思います。重賞レベルでは力上位ですね。


4着:ロードクエスト(△)

川田騎手のコメントです。
「ゲートは得意じゃない馬です。リズム良く道中は走って、直線もいい脚を使ってくれました」
上でも書いた通り嵌まるか嵌まらないかですね、この馬は。


5着:エントシャイデン(△)

坂井騎手のコメントです。
「終いはいい脚を使ってくれました。それだけに大外枠が厳しかったです。1400mも対応してくれましたし、重賞でやれると感じました」
終始外々でしたね。ジョッキーも重賞での手応えを掴んだようですね。


7着:ミスターメロディ(○)

福永騎手のコメントです。
「4コーナーまではリズム良く運べましたが、直線で内から他の馬にぶつけられて、トモが外へ流れてしまいました。あれでいっぺんに手応えがなくなってしまいました」
失速はぶつけられたことが原因のようですね。言い訳の上手な騎手ですからそこは注意が必要ですが。


9着:スターオブペルシャ(☆)

杉原騎手のコメントです。
「最後伸びてはいるのですが、スムーズに馬群をさばけませんでした。内枠がアダになってしまいました。前が空けば伸びる手応えがありましたから」
ポジション取りができなかったことが全てですよね。


17着:ダイメイフジ(◎)

和田騎手のコメントです。
「折り合いもついてスムーズに運べただけに、敗因がわかりません」
着順だけで次回軽視するのは危ないかもしれませんね。


以上、阪急杯の回顧でした。


ここまでお読み頂きありがとうございます。
最後に応援クリックして頂けたら幸いです。
↓↓↓
競馬最強の法則ブログランキング

関連記事

お知らせ


― 各種ブログランキング ―

下記バナーをクリック頂きますと当ブログのランキングが上昇します。ブログ更新の励みになりますのでクリックの御協力をお願いします。またブログランキング内には当ブログより優れた競馬ブログがたくさんありますので、他の競馬ブログをお探しの方も是非クリックしてみてください。

【競馬最強の法則ブログランキング】
【日本ブログ村】
にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ
【人気ブログランキング】

※特に最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくと当ブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。

― PR ―

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。


「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。

スポンサーリンク