お金がたまるポイントサイトモッピー

本日の記事内容


今回は阪神芝1600mで行われましたG3:チューリップ賞の回顧について書いていきます。
  • チューリップ賞の予想結果
  • チューリップ賞のレース分析
  • 出走各馬のレース後騎手コメント
以上の内容でお伝え致します。

― PR ―

《公式》極ウマ・プレミアム
私も愛読している日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト!人気のコンピ指数がレース前夜に読める! コンピ指数活用で目指せ万馬券!
 
※コンピ指数とは日刊スポーツが独自の理論で算出した競走馬の能力指数です。オッズ予想、新馬戦予想、レース内容予測など様々な場面での活用が可能です。

コンピ指数以外にも有料メニューでは…
①新聞と同じ出馬表が前夜に読める
②元騎手・佐藤哲三氏の哲三塾
③レースに直結する動画予想
④重賞調教採点、パドック速報も
⑤南関東、高知競馬情報も掲載
そして極ウマ東西記者予想も充実してます。
ちなみに個人的には同い年のキナミの帝王こと木南友輔記者の穴予想が好きです。

興味ある方はこちらをクリック
↓↓↓

チューリップ賞の予想結果とレース分析


[画像:5cbb69bb-s.jpg]

お疲れ様です。3月になって本業の方が激務になってきてなかなか苦しくなってきております。回顧も遅れていますので早速。

【チューリップ賞の予想結果】

予想はコチラ
↓↓↓


レース結果

 01着:ダノンファンタジー(◎・1人気)
 02着:シゲルピンクダイヤ(無・4人気)
 03着:ノーブルスコア  (☆・7人気)

 04着:ドナウデルタ   (無・6人気)
 05着:シェーングランツ (△・2人気)

 16着:ブランノワール  (▲・5人気)
 09着:メイショウショウブ(○・3人気)


【レース分析】

_20190306_075157

前半:47.8 後半:46.3 スローペース

稍重馬場で行われました今回ですが、ご覧の通りスローペースでした。結果的には上がり3Fを34.0秒以下の脚で駆け抜けた馬で掲示板を占めました。末脚特化型のレースだったと思います。

1着:◎ダノンファンタジーの上がり3Fは34.0秒とそこまで驚くものではありませんが、最内枠で直線に入っても包まれている状態で、外に進路を取ってそこからのエンジン点火でしたから内容的には強かったです。ここが本番の仕上げではないでしょうからクラシックに向けては磐石の結果だったと思います。

2着:シゲルピンクダイヤは後方から上がり最速33.6秒で駆け上がりました。見事な末脚でした。データ良の馬で唯一無印にしたことが悔やまれます。

3着:☆ノーブルスコアも33.8秒の末脚。こちらは福永騎手の仕掛けが遅れてしまい出し切れなかったかなと。

4着:ドナウデルタは一時先頭に立ちましたが、こちらはやや北村友騎手の仕掛けが早く、捕まってしまいました。

5着:△シェーングランツはどうしても前半といい、エンジンのかかり具合といい、瞬時の反応ができない馬なのかなと。

6着:▲ブランノワールは藤井勘一郎騎手に注目しましたが、ポジションも仕掛けどころもどちらも中途半端な印象でした。

9着:○メイショウショウブは終始カリカリしていました。まともな競馬にはなっていませんでした。

― PR ―


《想像を超えた的中率》
競馬予想の歴史を塗り替える情報量!
プレミアムは極上情報を随時お届けします!


出走各馬のレース後騎手コメント


ダウンロード (48)

ここからはレース後騎手コメントです。レース後コメントは馬の特徴が分かったりもしますので、すごく貴重な情報源です。

1着:ダノンファンタジー(◎)

川田騎手のコメントです。
「直線で目の前に進路がなく、外からも来られていましたが、前が開くと良い反応でよく伸びてくれました。良い内容だったと思います。調教で不安な所が大丈夫だったので収穫もあり、このまま無事に本番へ向かいたいです。楽しみです」
中内田調教師のコメントです。
「パドックの時から常歩ができていました。調教での成長分はレースにも表れていました。内容も良かったです。正攻法の競馬でジョッキーが上手く教育してくれました。今日はトライアルですし、本番は先です。とりあえず無事に走ってくれました。良くなるのはこれからです。まだ冬毛がありますし、筋肉の張りももうひとつ良くなるでしょう」
良化途上での勝利であることに間違いはありません。


2着:シゲルピンクダイヤ(無印)

和田騎手のコメントです。
「ものすごく走っています。久々でテンションが高かったのですが、よく頑張ってくれました。無事に次に向かえると良いです」
落ち着いた方が走るのか、今回のようにテンション高めの方が走るのか今後見極めたいですね。


3着:ノーブルスコア(☆)

福永騎手のコメントです。
「スタートは上手く出ませんでしたが、直線ではいい脚を使ってくれました。マイナス12キロもそんなに細くは感じませんでしたし、少しテンションが高かったくらいです。権利が取れて良かったです」
こちらもテンションが高かったとのこと。


4着:ドナウデルタ(無印)

北村友騎手のコメントです。
「イメージ通りに行ってくれました。流れ的にはすごく良い感じでした。抜け出す脚が速いです」
仕掛けはもう少し溜めた方がいいですね。


5着:シェーングランツ(△)

武豊騎手のコメントです。
「レース自体はスムーズな走りでしたが、4コーナーから浮いたような走りになって、トップスピードに入れませんでした。ここを使って、次は変わってくれると良いですね」
やはりエンジンのかかり具合が良くない馬です。


6着:ブランノワール(▲)

藤井騎手のコメントです。
「調教師からは『2週間で感覚をつかんでほしい』と言われました。順調に調教での時計を出していました。自信を持って臨めました。良いスタートを切って、内のダノンファンタジーを見ながら行きました。勝ち馬から2馬身くらい離されましたが、よく走ってくれました」
乗り方もそうですが、能力的にも少し足りないかもしれません。


9着:メイショウショウブ(○)

池添騎手のコメントです。
「ゲートで遅れましたが、二の脚があるので無理なくあの位置につけられました。その後も折り合いもついて直線の手応えも良かったのですが、決め手のある馬にやられました。今日はスタートが全てです」
折り合いもついたとのコメントですが、どうなんですかね。見てる側とは異なる見解でした。


以上、チューリップ賞の回顧でした。


ここまでお読み頂きありがとうございます。
最後に応援クリックして頂けたら幸いです。
↓↓↓
競馬最強の法則ブログランキング

関連記事

お知らせ


― 各種ブログランキング ―

下記バナーをクリック頂きますと当ブログのランキングが上昇します。ブログ更新の励みになりますのでクリックの御協力をお願いします。またブログランキング内には当ブログより優れた競馬ブログがたくさんありますので、他の競馬ブログをお探しの方も是非クリックしてみてください。

【競馬最強の法則ブログランキング】
【日本ブログ村】
にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ
【人気ブログランキング】

※特に最強競馬ブログランキングでは「読者会員登録」をお薦めしています。登録しておくと当ブログの更新時にお知らせメールが届きますので、是非ご活用下さい。

― PR ―

大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~は、現在の競馬情報サイトが際限なく林立する混乱した業界の中で、一際に情報と予想方法の正当性を担保できると思われるサイトです。

まずは他サイトを含めて多数の競馬サイトを試してみる前に、1度だけでも「大川慶次郎」の無料情報を入手してみてください。

かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。


「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのがこちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。

スポンサーリンク