有馬記念の枠順決定が抽選後の逆指名になるというニュースを見ました。なかなか面白い試みですね。メンバーも揃いそうですし、楽しみになりました。

さて金鯱賞ですが、ペースはややスロー。ただし急激な加速や極端なスピードは問われなかった。スタートからほぼ一定のペースが継続する競馬。

1着 ラストインパクト(▲)
→4コーナーでの鞍上の指示にもスッと従いスムーズな競馬。安心して見ていられる感じがした。次走は有馬記念のようですが強敵相手にどういった競馬をするか楽しみ。

2着 サトノノブレス(○)
→この馬はなかなかしぶとい脚を使うが、最後勝馬に突き放されたようにあまりキレない。もっとタフな展開になったほうが良いのかもしれない。

3着 エアソミュール(△)
→毎度の如く前半はかかりながら。それでも追い込んでくるから大したもの。

4着 ラブリーデイ(◎)
→う~ん、惜しかったなぁ。外枠の分だけ前半に脚を使わされたイメージ。

5着 カレンブラックヒル(△)
→この馬にもってこいのペースを刻んだと思う。上位とも差はない。タフな馬場、平均ペース、スピードを問われないとなれば浮上してくる存在。

7着 クランモンタナ(⭐)
→4コーナーでの反応はあまりよくなかった。この馬もジリジリとしか伸びないタイプ名のだろう。


人気ブログランキング 中央競馬へ