競馬予想のレジまぐ

ジャパンCの出走馬考察

いよいよ今週はジャパンCですね。

個人的にはダービー、有馬記念と並び年間でも当てたいレースの一つです。

昨年は◎ショウナンパンドラで見事的中できたのですが、かなりタフな展開から一脚使える馬が優位に立ちました。今年もキタサンブラックが引っ張るペースになりそうですから、スローにはならないのではないかと思っています。

では、各馬これまでの振り返りを行っています。

◼キタサンブラック
唯一の惨敗であるダービーと同舞台ですが、個人的には特に問題ないのではないかと見ています。前走京都大賞典ではスローからロングスパート気味の仕掛けで勝利しているので、武豊騎手の作戦次第では十分やれる。それよりも府中が完全な差し馬場になっていることの方がこの馬にとって苦しい。どんな作戦で臨んでもこの差し馬場にやられてしまう可能性もある。当日の馬場状態はよく確認していきたい。瞬発力勝負にだけはしたくないですね。

◼リアルスティール
ムーア騎手騎乗で人気になりますね。距離不安も付きまといますが、鞍上がなんとかしてくるでしょう。それよりもペースが重要かなと思っていて、安田記念で惨敗だったように前半速い流れだと末脚を発揮できないのかもしれません。前走の天皇賞(秋)では前半スローで入れたことが最後の追い込みに繋がったのではないかと見ている。

◼ゴールドアクター
スタート、立ち回り、末脚とどれを取っても悪いところなく、総合力は一番。大きく崩れた天皇賞(春)は遠征競馬で素人が見ても分かるイレコミ具合だった。前走オールカマーでも平均ペースからの一脚を使って着差以上に楽勝やったなと。

◼ディーマジェスティ
私のなかでの菊花賞の結論は、この馬は長距離ではなく、中距離でペースが上がってからの一脚が魅力ということ。ただ瞬発力勝負は完全に向かないので東京2400mではちょっと推せないかなと。重馬場などになれば話は別だが。

◼シュヴァルグラン
前走のアルゼンチン共和国杯では超スローの中で、息の長い末脚を使って勝利。メンバーレペルもありますが、これまで瞬発力勝負では厳しいと見ていた馬なので、なかなか総合力が高くなってきたかなと。基本的にはスタミナが問われてナンボの馬と思っている。

正直、人気どころを見ても、東京2400mがビタッとくる馬がいないなぁというのが印象。


人気ブログランキングへ
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:G1予想/回顧
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

※広告