競馬予想のレジまぐ

ジャパンカップの出走馬考察~人気薄編~

今日も昨日に引き続きジャパンカップの出走馬について考えていきます。

今日は人気薄編です。

◼レインボーライン
これまで一貫してこのブログで書いてきたのは、この馬は広いコースで十分に末脚を出せれば上位に食い込むということ。札幌記念ではネオリアリズムとモーリスに、菊花賞ではサトノダイヤモンドに肉薄し、ディーマジェスティには先着しているので侮れない。今回のメンバーでどこまでいつものしれっと差し込んでくる末脚が発揮できるか。

◼サウンズオブアース
この馬もこれまで書いてきたように使える脚は一瞬しかない。なのでここよりは次の有馬記念を狙いたいが、仕掛けがギリギリまで遅れて一瞬の脚が生かされる展開になれば、デムーロ騎手だしチャンスはあるか。前走はいかにも休み明けという感じだったし、叩いてガラリ一変はないか。

◼ルージュバック
絶対に外枠を引きたい。揉まれる展開、機動力が試される展開はNG。ただし息の長い末脚は牡馬を一蹴する破壊力があるので、馬場状態が外差しなら上位台頭もある。

◼ビッシュ
秋華賞は初の遠征が響いたでしょうか。紫苑Sが特徴的で前が流れる展開からさらに一脚使っての勝利だったので、スタミナ的にはここでも問題ないかと思う。3歳牝馬で斤量が有利な点が最後の一脚にいい影響が出ないか。

◼イラプト
外国馬はどうも詳しくなくてよく分かりません。ただ昨年のジャパンカップを見る限りは日本の馬場にも対応してきたかなと。出走するだけで賞金を貰える立場なのて本気度がどうか。

ここまで見てきましたが、感覚的にはここから上位に食い込むのはそれぞれ得意な展開が嵌まらないとなかなか厳しい。今回は上位が強いのかなと思い始めています。


人気ブログランキングへ
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:G1予想/回顧
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

※広告