競馬予想のレジまぐ

チャンヒオンズCの出走馬考察

さて、今週は豪華メンバーになるチャンヒオンズCが中京競馬場で行われます。

と思っていましたら、日中にホッコータルマエの引退タガノトネールの予後不良のニュースが飛び込んできましたね。

これは残念。タガノトネールには前走お世話になりましたし、ホッコータルマエは昨日注目馬に挙げていましたし、かなりショックがデカイです。

ですが、いつもの通り今日は人気上位について見ていきます。

◼アウォーディー
天皇賞(秋)の内差しが未だに思い出されるヘヴンリーロマンスの子ですが、ダート活躍馬ばかり輩出しますね。子ども達の傾向は鈍足スタミナ馬ばかりですが、この馬に関しては、前走JBCクラシックのように前半から追走するスピードも持ち合わせています。かなり人気が被ってきそうですが、無理に逆らうことは出来ないかなと。

◼ノンコノユメ
不安材料が多い。まずは体調面。去勢明けの前走は大幅馬体重減だった。これを戻してこられるか。次に乗り替り。ムーア騎手への変更で一見鞍上強化にも見えるが、どうもムーア騎手が追い込み馬に乗っているイメージが湧かない。そしてどうしてもいつも嫌ってしまうのが脚質。昨年のこのレースも武豊騎手をして「意味の分からない絡まれ方」と表現した超絶ハイペースで恵まれた形。もしかしたら消すかもしれん。

◼ゴールドドリーム
3歳の勢いが通用するか。特にここまで見ていると、この馬はハイペースでも前目で追走できる脚力があり、そこから更に一脚使えるイメージ。個人的にはかなり強い馬だと思っています。

◼コパノリッキー
好走、非好走の違いはすごく分かりやすくて、気持ちよく行けたか行けなかったか。昨年は上述の通り、意味の分からないハイペースにやられた形。前走JBCもスタートが悪かった。ということで坂スタートは非常に不安。あと枠順も重要。

◼モーニン
前走は斤量59kgと久々の分折り合いを欠いたかなと。参考外でもいいような気もしますが、個人的にはこの馬、ベストは1400mだと考えています。その分の距離延長はどうでしょうか。

さぁ、この人気上位にも入ってこない実力馬もいますので、人気薄というのは勿体無いですが、明日、これら以外の馬について見ていきます。


人気ブログランキングへ
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:G1予想/回顧
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

※広告