競馬予想のレジまぐ

チャレンジCの出走馬考察

毎年この時期は会社の来年度の予算作成をやっていて、かなり仕事がバード。で、このブログもなかなか更新できなくなることが常なのですが、今年は何とか頑張れています。

仕事内容は例年変わらないものの、このブログ更新の方が3年目を迎えだいぶ慣れてきたんだと思います。

たまにサボる時もありますが、かなり生活の一部になってきました(ま、夏場は要注意ですが…。)

年末に向けサボらないようにするために敢えて書いてみました。

※広告


ということで本題です。

2歳G1の裏でなかなか好メンバーな古馬中距離路線ですね。

いつもの通り想定人気順に見ていきます。

◼ディサイファ
マイルCSでの不利はあまりにも有名になっているので人気になるでしょう。ただこの馬取り立てて瞬発力があるわけでもなく、かといって持続力が抜けているかというとそうでもない。逆に言えば総合力は高いということ。阪神1800は末脚に特化した勝負になることが多いので、そこは苦しいか。マイネルハニーが平均ペースくらいで逃げて、且つ末脚のスピードも問われる展開にでもなれば浮上はしてくるかもしれない。

◼フルーキー
昨年、一昨年と好走した舞台。末脚に特化しそうなレースなのでこの馬には得意かなと。秋2戦は休み明け馬体重二桁増でのスロー前残り展開(富士S)とハイペースからの差込勝負(キャピタルS)だったので言い訳はできるかも。兎に角前半ゆったり入って末脚を引き出したい。

◼タッチングスピーチ
エンジンのかかりが遅いが勢いがついたらどこまでも伸びていきそうな末脚の持主。なのでなかなか展開は嵌まらない。今回が一番嵌まりそうな阪神外回りだが、ここまでの競馬を見てきてもレベル的にどうなんだ?と考えています。渋い馬場、外回り、前がバテる展開すべてが嵌まらないと馬券圏内には来ないのではないかと。

◼ブラックスピネル
距離延長は良いが、末脚勝負ではいつも足らない。しかも最近は出遅れ癖がついてきた感も。阪神外回りの末脚勝負では苦しいか。

◼ベルーフ
とにかく揉まれ弱いので最後方一気しか戦法がない。差しの効く馬場か前がバテる展開しか勝機はないように思う。

こうやって見ていくとどの馬も嵌まり待ちといった感じですね。ここからの本命馬選出はないように思います。後は展開をどう予想するか。カギはこの馬でしょう。
↓↓↓

人気ブログランキングへ
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:重賞予想/回顧
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

※広告