競馬予想のレジまぐ

予告通り現地観戦してきました

楽しかったですね~。

私のワガママで会社関係の競馬素人さんを阪神競馬場に連れていったのですが、それなりに楽しんで頂いたようで良かったです。

「競馬場のイメージが変わった」と言ってもらえました。

もっと汚くて、狂ったおっさんばかりがいるイメージだったそうです。

「綺麗だし、家族連れもかなり多い」というのが驚いたとのこと。

JRAももっと上手く宣伝すればいいのになと思った現地観戦でした。

金メダリスト:登坂絵莉さんにも会えましたしね。結構可愛かった。
image


結果ですか?

…最悪でしたね…。

振り返れば全レース一番人気が絡んでいて私にとっては固いレースのオンパレードでした。

※広告


阪神ジュベナイルフィリーズの回顧

このレースこそ1,2,3番人気での決着でメチャクチャ固かったですね。

1着:ソウルスターリング(▲) 単280 複120
レースは前半46.7-後半47.3で平均ペース。特に緩みもなく直線で再加速。ラスト3Fは11.5-11.5-12.2ということで緩まない中での一脚・底力も問われた。ソウルスターリングは先行して内でじっくり脚を溜められた。このペースなので爆発力はなかったが、最後まで脚が衰えなかったのは好感。地力の高さを証明したと思う。

2着:リスグラシュー(○) 複120
ちょっと出負けして後方からの競馬。外を回して直線へ。なかなか伸びない外差しをしぶとく伸びての2着なのでかなり能力は高いと感じた。

3着:レーヌミノル(△)
短い距離からやってきたので前半の追走からもう一脚使えるところが生きた。ただラストでやはり脚は止まったので、距離の壁はゆくゆく出てきそう。

4着:ディーパワンサ(△)
内枠を利してしっかり脚を溜めた印象。シュタルケ騎手がずっと押していたように、前走でも感じた仕掛けどころでの反応の悪さは相変わらずな感じ。ギアチェンジが問われないコースでこそですね。


5着:ヴゼットジョリー(☆)
もう少し前半から前に付けたそうな騎乗だったが、そう上手くはいかなかった。最後は和田騎手が内を選択。進路がなかったが、半ば無理矢理馬の間を割って伸びてきた。勝負根性はなかなかのもの。末脚生かせる展開で。



7着:サトノアリシア(◎)
気難しい面があるのでしょう。後方からの競馬で末脚を生かす騎乗。大外を回すしか、ハービンジャー産駒ですしないのでしょう。リスグラシューの後ろからで、加速地点でかなり離されてしまったのでエンジンのかかりは遅いタイプ。前がバテるような展開でないと。



上位2頭以外は何かの嵌まりがないとやはり苦しいのでしょうね。この上位2頭とミスエルテ、フローレスマジック辺りが来年のクラシック争いですかね。


人気ブログランキングへ
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:G1予想/回顧
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

☆ブログサークル・プロフィール☆