競馬予想のレジまぐ

有馬記念の予想

いよいよです。

いよいよです。

いよいよです。

image


さぁ、何とか渾身の予想をしたいと考えています。

今回は明確な逃げ馬が存在しますね。マルターズアポジーが間違いなくペースを刻んで来るでしょう。そこにサムソンズプライトが絡んで、そこそこペースは流れると見ています。やはりスタミナ勝負となるでしょう。

また中山競馬場の馬場ですが、良馬場発表にはなろうかと思います。ただ昨日までを見ているとそれなりにタフで時計がかかる馬場となっています。


以上を踏まえて予想をしました。


本命は、
◎マリアライトにしました。
エリザベス女王杯は展開が向かなかった。オールカマーは休み明け且つ展開不向きでした。やはりタフな馬場で、スタミナ問われる展開ではこの馬が一番。外枠で人気落としていますが、春のグランプリでキタサンブラックやドゥラメンテを破ったのはこの馬です。

対抗は、
○サトノダイヤモンドです。
総合力の高さでは文句なし。どのような展開になっても浮上するでしょう。不安は3歳世代のレベル。ここまでレベルが高いと言われながら、古馬との戦いではまだそれが証明されていない。勿論、この馬が今回証明する可能性は十分ある。

▲ゴールドアクター
もう一度期待します。前走は本命で4着でしたが、馬体重も絞りきれていなかった。今回は調教後馬体重も絞れているとの情報なので。逆に本命にまでしなかったのは、極限の仕上げで天皇賞(春)のようにイレ込み不安もあってのこと。

☆サウンズオブアース
ジャパンカップであそこまでの劇走でなければ、今回本命にした可能性もありましたが、ちょっと反動が心配なのと、人気もそこそこになってしまいましたからね。ただ間違いなくジャパンカップよりも有馬記念のほうが適性的には合う訳で、一瞬の切れ味をゴール前で発揮してほしいなと。

以下、
△キタサンブラック
△シュヴァルグラン
△ミッキークイーン
△ヤマカツエース
△マルターズアポジー

キタサンブラックについては毎度毎度評価を下げてしまいますが、今回についてはマークが相当厳しくなりそう。しかも最内枠が仇となって、包まれてしまえばこの馬と武豊騎手の変幻自在のペースコントロールは出来ない可能性も。

さぁ、あとは見守るだけです。

皆さんもそれぞれの有馬記念を楽しみましょう。


人気ブログランキングへ
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:G1予想/回顧
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

※広告