紫苑Sの予想

昨年は秋華賞馬を排出したこのレース。

今年はどういった感じになるでしょうか。

まず注目したいのが中山の開幕週の馬場ですね。もう有名になりましたが、エアレーション、シャッタリングの影響が大きく関わってきています。

その結果、開幕週でも差しが効く馬場になっているのが近年の傾向です。

まぁ、これが開催が進んで踏み固められると今度は内、前が有利になったりするもんですからヤヤコシイ…。

そしてこのレースはなかなかタフで牝馬にしてはスタミナが問われます。

昨年のビッシュやヴィブロスがそうでしたが、平均ペースで途中の緩みもなく最後まで脚を出し切れる馬が上位に来ますね。

【予想印】
◎人気ブログランキングへ
○ディアドラ
▲ルヴォワール
☆ホウオウパフューム
△プリンセスルーラー
△マナローラ
△ジッパーレーン


本命馬は近走の敗因が明確です。前走は色気を出して前に行ったこと、前々走は内枠で脚を繰り出せなかったことが挙げられます。そしてこの馬はハイペースであのアエロリットに勝利していますので、ここはそのポテンシャルに期待します。距離は心配ですが、上記好走条件に当たる差し馬だと思います。

○ディアドラは今年の牝馬はレベルが高いと思い出させてくれました。夏競馬ボケで春のことを忘れていましたが、レベルの高かった桜花賞で上がり最速でした。オークスでは能力でアドマイヤミヤビに交わされたものの4着ということで、このメンバーでは能力上位でしょう。馬体減だけが心配です。

▲ルヴォワールは正直よくわかりません。ただ中山2000mで2戦2勝を捨て置く訳にはいきません。ハーツクライ産駒というのもスタミナがありそうで。

☆ホウオウパフュームも見限れません。寒竹賞の豪快な末脚は記憶に残ってますし、中山得居の鞍上で。

当たりますように。




ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:重賞予想/回顧
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!