【スポンサーリンク】



【ブログランキング】

天皇賞(秋)の本命候補を載せております
 
  ↑↓宜しければ応援クリックお願いします
   (ブログ更新の励みになります)

 
天皇賞(秋)の穴注目を載せております

スワンSの傾向分析


なんかまた台風が発生したみたいですね。

そして週末はまた悪天候になるという予報が…。

雨の確率があがってきたようです。

[画像:841e3e45-s.jpg]

それではスワンSの過去の傾向を探ってみましょう。

【人気面】(過去10年)
1着:3.2番人気
2着:6.4番人気
3着:6.3番人気


→ヒモ荒れしますね。1番人気(2-1-0-7)であまり信頼できません。なのに1着馬が平均3.2番人気なので調べてみると、2番人気(2-0-1-7)、3番人気(3-2-1-4)と勝ち馬は出しているものの連対率、複勝率とあまりよく有りません。勝つのは人気サイドだけど、2、3着は人気薄からが良いのではないでしょうか。

【展開面】(個人的所感です)
なんと逃げ馬が馬券に絡むケースが多く、上と同じ過去10年で(3-2-2-3)と7割にのぼることは頭に入れておきたい。だからと言ってスロー濃厚かというとそうでもなく、過去10年でスロー3回、平均6回、ハイ1回という感じ。そこそこ流れて早めの仕掛けで後ろに脚を使わせて、前を詰めさせないイメージか。

【PR】
週末の競馬観戦に、持って行きたい・・・アイテムをここで手に入れよう!!!
ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き

スワンSの出走予定馬


以上を踏まえて、有力馬考察にいきたいと思います。

◼レッツゴードンキ(岩田)
待っていました1400mというところです。いつもいつも書いていますがスプリントでは絶対的な速力は不足していて、マイルになると折り合いが心配となる馬。1400が丁度じゃないかと見ています。できれば内枠でしっかり折り合って脚を溜めたいですね。渋った馬場の方が走る傾向にあるので天気予報も注目です。

◼サングレーザー(C・デムーロ)
3連勝中ですね。前走は出遅れましたが、中団に付けての末脚が魅力でしょう。3歳の中でも上がり馬。今回春の実績馬もいてかなり評価に頭を悩ませそうです。

◼カラクレナイ(M・デムーロ)
こちらはローズS大敗で距離短縮路線で来ましたね。そのローズSでは先行して前で勝負をしてきましたが、不発。今回は脚を溜める形に戻してくると思います。n数が少ないのでアレですが、この馬はスローよりも平均からハイペースの方が合っていると思います。今回の条件には適していそうではあるんですが、M・デムーロ人気含め余りに人気になってしまうと扱いづらい1頭になります。

◼セイウンコウセイ(幸)
スプリンターズSは惨敗でしたが、G1馬ですからね。その高松宮記念はハイペースを逃げ馬の後ろに付けて、そこから更に一脚使うという理想的な競馬。能力は高いはずなのでここ2戦の大敗で人気が落ちるなら。函館スプリントもシュウジの暴走でペースがおかしくなっただけなので能力が否定された訳ではない。

◼ミスエルテ(川田)
休み明けですね。実際人気はどこまで上がってくるでしょうか。ちょっと未知数ですね。3歳牝馬のレベルが高いからという理由だけで上位評価するのは危ういと思います。こちらもn数少ないですが、傾向的にはあまり速いペースは向かないかと。

◼ダノンメジャー(武豊)
一気の距離短縮ですね。傾向としては逃げ馬有利と書きましたが、果たして1800m→1400mの短縮でこの馬の思い通り逃げることができるか。取り扱いの難しい馬になりそうです。


まとめ

意外と難解ですよ、このレース。まず上に書いた人気どころで買いたい馬がいない。強いて挙げるならレッツゴードンキだが、人気が確実なので対抗以下の評価になりそう。あとはセイウンコウセイをどこまで信じられるか。

またここに書いていない馬では函館スプリント勝ちのジューヌエコール、距離延長がよさそうなヒルノデイバロー、1400m得意なムーンクレスト辺りは狙ってみたいか。

超大穴ではこの馬に注目。
↓↓↓

先行策が嵌まれば。逃げてもいいと思いますので、逃げ馬有利のこのレースで大きな一発に期待します。

※宜しければ読者登録もお願いします




ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:重賞予想/回顧
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 【PR】
無料で大川慶次郎予想情報
今すぐお試しモニター!