YouscarletのJRA全重賞穴馬予想ブログ

2017年10月1日よりブログのタイトルを変更しました。 気分一新、多くの的中を導けるよう頑張ります。レース回顧・分析を行うことで次の穴馬発掘へ繋げます。これまで一番人気を本命にしない方針でいましたが、あまりにも頑なに考えるよりは柔軟にいくことにします。的中率アップも必要と考えてのことてす。

YouscarletのJRA全重賞穴馬予想ブログ イメージ画像

ラブカンプー

本日の記事内容今回は中山芝1200mで行われましたG3:オーシャンSの回顧について書いていきます。オーシャンSの予想結果オーシャンSのレース分析出走各馬のレース後騎手コメント以上の内容でお伝え致します。― PR ―《公式》極ウマ・プレミアム私も愛読している日刊スポーツ
『【回顧】オーシャンS〈2019〉的中!~レース後騎手コメントとともに振り返る、モズスーパーフレアが究極のスピードレースを押し切る~vol.1228』の画像

本日の記事内容今回は中山芝1200mで行われますG3:オーシャンSの予想について書いていきます。オーシャンSの予想印オーシャンSの購入予定馬券以上の内容でお伝え致します。― スポンサーリンク ―《公式》極ウマ・プレミアム私の愛読紙でもある日刊スポーツ新聞社運営の競馬
『【予想】オーシャンS〈2019〉~人気のモズスーパーフレアよりも上位に取りたい馬が2頭、本命馬はもう一度信じてみる~vol.1226』の画像

本日の記事内容今回は京都芝1200mで行われましたG3:シルクロードSの回顧について書いていきます。シルクロードSの予想結果シルクロードSのレース分析出走各馬のレース後騎手コメント以上の内容でお伝え致します。― PR ―《公式》極ウマ・プレミアム私も愛読している日刊ス
『【回顧】シルクロードS〈2019〉~レース後騎手コメントとともに振り返る、ダノンスマッシュが短距離王へ着々と突き進む~vol.1201』の画像

本日の記事内容今回は中山芝1200mで行われましたG1:スプリンターズSの回顧について書いていきます。スプリンターズSの予想おさらい購入馬券の内容と結果スプリンターズSのレース分析出走各馬のレース後騎手コメント以上の内容でお伝え致します。― PR ―《公式》極ウマ・プ
『【回顧】スプリンターズS〈2018〉~ファインニードルがスプリント界の頂点に、レース後騎手コメントとともに振り返る~vol.1101』の画像

本日の記事内容今回は阪神芝1200mで行われましたG2:セントウルSの回顧について書いていきます。セントウルSの予想おさらい購入馬券の内容と結果セントウルSのレース分析出走各馬の個別分析以上の内容でお伝え致します。― PR ―《公式》極ウマ・プレミアム私も愛読している
『【回顧】セントウルS〈2018〉~ファインニードル磐石の勝利、レース後騎手コメントともに振り返る回顧~vol.1088』の画像

本日の記事内容今回は阪神芝1200mで行われますG2:セントウルSの予想について書いていきます。セントウルSの予想印セントウルS購入予定馬券以上の内容でお伝え致します。― スポンサーリンク ―《公式》極ウマ・プレミアム私の愛読紙でもある日刊スポーツ新聞社運営の競馬情
『【予想】セントウルS〈2018〉~距離・コース・種牡馬実績に注目、穴は馬場状態を考慮して道悪実績のある馬を~vol.1085』の画像

本日の記事内容今回は小倉芝1200mで行われますG3:北九州記念の予想について書いていきます。北九州記念の予想印北九州記念の購入予定馬券以上の内容でお伝え致します。― スポンサーリンク ―《公式》極ウマ・プレミアム私の愛読紙でもある日刊スポーツ新聞社運営の競馬情
『【予想】北九州記念〈2018〉~結局は3歳世代中心の印に、上の世代に確たる馬がいない~vol.1077』の画像

本日の記事内容今回は新潟芝1000mで行われましたG3:アイビスサマーダッシュの回顧について書いていきます。アイビスサマーダッシュの予想おさらい購入馬券の内容と結果アイビスサマーダッシュのレース分析出走各馬の個別分析以上の内容でお伝え致します。― PR ―《公式》
『【回顧】アイビスサマーダッシュ〈2018〉~ダイメイプリンセスが千直の適性を発揮、レース後騎手コメントと共に振り返ります~vol.1070』の画像

本日の記事内容今回は京都芝1200mで行われます新設重賞:葵Sの予想について書いていきます。葵Sの予想印葵Sの購入予定馬券以上の内容でお伝え致します。スポンサーリンク《公式》極ウマ・プレミアム私の愛読紙でもある日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト!人気のコンピ
『【予想】葵S〈2018〉~新設重賞・京都芝1200mは内枠の逃げ馬が有利~vol.1035』の画像

↑このページのトップヘ